学校見学・個別相談予約 体験入学 予約 資料請求

TOP > 千葉県/千葉キャンパス > キャンパスブログ > 大学生のすべるかもしれない話

キャンパスブログ 千葉県/千葉キャンパス 大学生のすべるかもしれない話

話をしてくださった小楠翔也さんです!
話をしてくださった小楠翔也さんです!

生徒との距離も近く、親しみやすい雰囲気で行われました(^^)
生徒との距離も近く、親しみやすい雰囲気で行われました(^^)

小楠さんの色々なエピソードに、生徒は興味津々♪
小楠さんの色々なエピソードに、生徒は興味津々♪

みなさんこんにちは?(^^♪
いよいよ新学期が始まりました!
夏休みは楽しめましたか?
後期も気合いを入れて頑張っていきましょう!!

今回のキャンパス便りでは、
9/6(火)に千葉キャンパスで行われた「大学生のすべるかもしれない話」の様子をお伝えします☆

お話をしてくださったのは、小楠 翔也(おぐす しょうや)さんです(^^)
小楠さんは23才の現役大学生、しかもあの有名な早稲田大学の4年生なのです!!
早稲田大学ということは、きっと高校生の頃からたくさん勉強をしてすごく頭が良くかったんじゃ……
と思う人も多いはず。
しかし!
小楠さんはそうではないのです!!
なんと小楠さんは、高校時代は野球一筋で勉強はあまり振るわず、
偏差値は38(ちなみに早稲田大学は偏差値70以上と言われています!)、
大学に行くお金はないくらい貧乏だったそうです\(◎o◎)/
そんな小楠さんが、一体なぜ早稲田大学に入学することになったのか…
それは、「認めてもらいたい」という想いがきっかけだったそうです。
周りの人から自分を認めてもらいたい、そう思って早稲田大学に入学することを決めたそうです。
高校3年生の受験はうまくいかず、1浪することになり、
自分でアルバイトをしながらお金を貯め、予備校には通わず自宅で勉強を続け、
見事、早稲田大学法学部に合格しました!
大学生活は、アルバイトと彼女に夢中になりあっという間に2年間が過ぎていきました。
そんな時、有名大学の法学部を出た国会議員の多くが、テレビでしどろもどろな答弁をしているのを見て、
自分はきちんと法律の勉強をしたいと思い、弁護士になるという夢をもったそうです。
そして、3年生になり一人で日本一周をやり遂げ、シェアハウスで生活することにもチャレンジをしました。
日本各地を回り、シェアハウスでたくさんの人と接する中で、
日本はステキな人が多くまだまだ捨てたものではないこと、人の話を聞くおもしろさを感じたそうです。
また、早稲田大学の中にいる時は「早稲田っていってもたいした人はいないな…」と思っていたそうですが、
一歩大学の外に出た時、すばらしいなと思った人が早稲田大学だったという経験から、
自分の世界から外に出ることで、視野が広がりいろいろな人との出会いや気づきがあるのだということを実感したそうです。

小楠さんのお話に生徒は興味津々で、みんなとても参考になったようです。
ステキなお話をしていただき、どうもありがとうございました☆

千葉キャンパスでは、今後もいろいろなゲストをお招きして
ステキなお話をうかがっていきます!
次回のキャンパス便りを楽しみにしていてくださいね♪♪

キャンパス情報

キャンパスブログ一覧に戻る

資料請求、見学会・個別相談受付、
お問い合わせはこちらから

  • 見学会・個別相談予約見学会・個別相談予約
  • 体験入学 予約体験入学 予約
  • 資料請求無料資料請求