学校見学・個別相談予約 体験入学 予約 資料請求

TOP > 千葉県/千葉キャンパス > キャンパスブログ > 【ボランティア・ホリスティック教育】物の寿命って、いつまででしょうか? その答えは文末で! NPO法人で「リサイクル」と検索したところ。

キャンパスブログ 千葉県/千葉キャンパス 【ボランティア・ホリスティック教育】物の寿命って、いつまででしょうか? その答えは文末で! NPO法人で「リサイクル」と検索したところ。

貸し出し用の靴32足

こんにちは、猪股です☆

突然ですが、このホームページをご覧の皆さんは「リサイクル」に興味はありますか?
普段ご家庭で使わなくなってしまった物が、押入れの奥に眠っていたりしませんか?

それは学校でも同じ事なんです。
貸し出し用の靴や、ページが余ってしまったノート、もう使わなくなってしまったボールなど多くの人が集まる場所なので、自然と増えていってしまうものなんです。

ただずっと眠らせておいても、使われないままにカビが生えていってしまうだけなので、このたび、ちょっと早いですが大掃除をしました。

結果、靴が32足。ノートが7冊。ボールが3個。

ただ捨ててしまうのでは、ゴミを増やしてしまうだけです。
NPO法人で「リサイクル」と検索したところ、海外の子どもたちへ送ってくれるところを見つけました。

ここで最初のタイトルに戻るのですが、「物の寿命って、いつまでだと思いますか?」
もちろん使用できる状態が前提ですが、それを必要としている人がいるうちは寿命ではないと思うのです。

KTCでは「ホリスティック教育」を行っています。
すべての物事はどこかでつながっているという意味ですが、きっとこのリサイクルも、世界の人と人がつながっているということの結果なんだと思います。
私たちはこの「つながり」を大切にしていきます。

☆☆通信制高校のサポート校 KTC中央高等学院 千葉キャンパス☆☆
フリーコール 0120-75-1105  
 資料請求はこちら  

ボール3個

ノート7冊

キャンパス情報

キャンパスブログ一覧に戻る

資料請求、見学会・個別相談受付、
お問い合わせはこちらから

  • 見学会・個別相談予約見学会・個別相談予約
  • 体験入学 予約体験入学 予約
  • 資料請求無料資料請求