学校見学・個別相談予約 体験入学 予約 資料請求

TOP > 静岡県/浜松キャンパス > キャンパスブログ > 芥川賞作家 綿矢りささんがやってきた☆

キャンパスブログ 静岡県/浜松キャンパス 芥川賞作家 綿矢りささんがやってきた☆

私の作品完成したよ!!
私の作品完成したよ!!

みなさん、こんにちは!(*^ー^)b
お正月はみんなどう過ごしましたか??
新年も始まってみんなはこの日を待ちわびていたかのように元気いっぱいです!!
今年も元気いっぱいの浜松キャンパスで行きましょう♪

今回は浜松キャンパススペシャル授業のレポートです。
11月18日(木)に朝日新聞社主催のオーサー・ビジット特別授業が行われました!!

オーサー・ビジットとは、朝日新聞社が読書推進プログラムとして行なっているもので、たくさんの作家達が全国の学校を訪れて授業を行うという企画です!
学校に来てもらいたい作家に色紙を書き、その中から作家自身が訪れる学校を選ぶことになっており、全国の学校から届いた色紙の中から、浜松キャンパスを選んで、来てくれたのは、史上最年少で芥川賞を受賞した綿矢りささんです(*^m^*)

綿矢さんがキャンパスに来てくれるまでの間、綿矢さんから事前に出された「小説を書こう」という課題をみんなで取り組みました。初めて小説を書くという子も多く、最初はイメージを膨らませることに苦戦している様子でしたが、出来上がった小説を見ると、どの作品も生徒一人一人が一生懸命書いたことが伝わってくるものばかりでした。

いよいよ待ちに待った憧れの綿矢さんとの対面の日!!
授業は、事前に出された課題を基に、「あらすじとシーンの違いを考えてみよう」から始まりました。
各グループで話し合いを行い、どのグループも積極的に意見を出し合っていました。
「漫画を小説化してみよう」では「さようなら、ドラえもん」の最後のシーンが題材になりました。
教室にはペンの音が鳴り響き、休憩時間も忘れるほど、みんな真剣に取り組んでいる様子が見られました。

一生懸命書いたみんなの作品には綿矢さんから直接、講評やアドバイスをいただき、事前に書いた小説の感想も聞くことができました。綿矢さんは一人一人に「いいですね」と優しく声をかけてくれていて、みんなが積極的に綿矢さんに感想を求める姿が印象的でした。授業の最後には、綿矢さんからのアドバイスと、サインをもらう長い行列ができました。
この授業をきっかけに、小説を書くことのおもしろさ、本を読むことのおもしろさを感じてもらえたら本当に嬉しく思います。

今年一年浜松キャンパスでは今回のように様々な職業や地域で活躍されている方々に力をお借りして、みんなの将来の夢を実現させるきっかけとなる授業を行ってきました。
今年もみんなと力を併せてより一層楽しくて魅力的なキャンパスにしていきましょうね(^ー^)b

このサイトTOPページのバナーから朝日新聞HPにリンクします。今回の授業の様子が見れるので、合わせてチェックしてみて下さい。

一生懸命書いて綿矢さんに読んでもらおう!!
一生懸命書いて綿矢さんに読んでもらおう!!

ありがとう綿矢さん!!ハイチーズ♪
ありがとう綿矢さん!!ハイチーズ♪

キャンパス情報

キャンパスブログ一覧に戻る

資料請求、見学会・個別相談受付、
お問い合わせはこちらから

  • 見学会・個別相談予約見学会・個別相談予約
  • 体験入学 予約体験入学 予約
  • 資料請求無料資料請求