学校見学・個別相談予約 体験入学 予約 資料請求

TOP > 静岡県/浜松キャンパス > キャンパスブログ > Hamazania(職業体験) 「航空自衛隊 浜松基地」の巻

キャンパスブログ 静岡県/浜松キャンパス Hamazania(職業体験) 「航空自衛隊 浜松基地」の巻

パラシュートの説明を受けています
パラシュートの説明を受けています

みなさん こんにちは!
浜松は朝晩だいぶ涼しくなり、過ごしやすい気候になってきました。
体調を崩しやすい季節の変わり目でもあります、来る秋を満喫できるように今から体調を整えていきましょう!

さて、浜松キャンパスでは9月12日(水)にHamazania(職業体験)の一環として「航空自衛隊 浜松基地」に体験入隊してきました。
屈強な男子生徒の希望が多いと思いきや、入隊したのは華奢な女子生徒4名でした。

当日は、隊員の方が迎えに来てくださると事前に聞いていたため、生徒は緊張の面持ちで待っていました(ジープか何かの自衛隊の車で来るものとみなが思っていた様子(-_-;))…が、来たのは普通の乗用車、当たり前ですよね(笑)。ただ、おかげで生徒の緊張も解けたようでした。

基地に着いた生徒の第一声は「広?い!」(本当に広いんです)
また、基地内を走っている隊員の方が多いことにまず気が付きます。実は1年間に何km走らなければいけないという決まりがあるそう。
まさか、走らされるのでは…と生徒に一瞬戦慄が走りましたが、走ることはないとの説明に一同安堵の表情が戻りました。

初めの任務は戦闘機を間近で見ること。初めての経験に4人は興奮気味。
戦闘機に詰める部品や座席部分、パラシュートを見せていただいたり、などなどとにかく盛りだくさん。そして、実際にヘルメットをかぶり、フライトスーツの上に着けるベストを背負う体験をしました。2?3?もする重さに生徒はダウン寸前。しかも、サバイバルナイフがポケットに入っていたり…みなさん知ってました?

DVDを見ながら自衛隊の1日を説明していただいた後の生徒は、「自衛隊の印象が全く変わった」という感想。思っていた以上に女性が多いこと、体験前は自衛隊に対して「迷彩服」や「ほふく前進」という印象しか持っていない生徒でしたが、看護や調理、整備といったいろいろな職種があることを知り、「もっと早く知りたかった」という生徒も。

これが職業体験の醍醐味!「百聞は一見にしかず」とはまさにこのこと。外に出る経験をたくさんして、新しいことを知る秋にしてみてはいかがでしょうか?

ヘルメット装着!酸素を送り込んでいるところです
ヘルメット装着!酸素を送り込んでいるところです

戦闘機の前で…ハイ、チ?ズ!
戦闘機の前で…ハイ、チ?ズ!

キャンパス情報

キャンパスブログ一覧に戻る

資料請求、見学会・個別相談受付、
お問い合わせはこちらから

  • 見学会・個別相談予約見学会・個別相談予約
  • 体験入学 予約体験入学 予約
  • 資料請求無料資料請求