学校見学・個別相談予約 体験入学 予約 資料請求

TOP > 静岡県/浜松キャンパス > キャンパスブログ > 【相談室通信】子どもの現状に悩む保護者に伝えたいこと

キャンパスブログ 静岡県/浜松キャンパス 【相談室通信】子どもの現状に悩む保護者に伝えたいこと

このブログを見ていただきありがとうございます。
家族支援カウンセラーから、お子さんの現状に悩む保護者の皆さんに伝えたいことがあります。

ちなみに、このブログを見てくれている保護者の皆さんは、お子さんにどんな悩みを抱えていますか?
・不登校や引きこもり
・勉強をまったくやらない、勉強をしても成績が上がらない
・ゲームやスマホ依存で昼夜逆転している
・友人や先生または家族との関係がうまくいかない
などではないですか?当然ご家庭によっていろいろな悩みがあると思います。

ただ、その中で毎日視界に入るお子さんを見て、呆れたりイライラしたり悲観したり…一喜一憂していませんか?
それは他の子と比べて自分の子が「普通ではない」と感じてしまうからかもしれません。
ただ、お子さんが赤ちゃんの頃は、初めてハイハイをした・立った・言葉を発した…ひとつひとつに喜び、感動しませんでしたか?お子さんだけをまっすぐ見つめていませんでしたか?子どもは親の喜んでいる表情を見て、褒める言葉を聞いてすくすく成長していきます。
まさに子どもは『親の鏡』ですね。
今のお子さんは親以上に悩み苦しんでいると思います。

以前、子どもたちに「親に伝えたいこと」を聞いた所、このような言葉が返ってきました。
・ぼくが悩んでいる時に、もっと話を聞いて欲しかった。
・頑張っているのに「頑張ってね」と言われるのがツライ。
・最初から「無理だ!ダメだ!」と言わないで。まずは応援して欲しい。
・「ただの甘えだ!」本当にツライ…。
・兄弟と比べるのはやめてほしい。
・心配されるのは本当に嬉しい。でも、いつも心配そうな顔をされると逆につらくなる。
・親のことを考えるとしっかりしないといけない。けど、私だってしんどいことも泣きたいこともあるんだよ。

反対にこんな言葉もありました
・「そのままでいいよ。」その言葉にホッとした。
・「無理して学校にいかなくていいよ。」信じて待っていてくれてありがとう。
・学校に行けない時に、何も言わずに普通に接してくれたことが嬉しかった。
・「いいよ。大丈夫だよ。」気持ちが楽になった。
・どんな時でもちゃんと見てくれていたことに感謝。

子どもたちは本当によく親を見ていますね。
もっと気持ちを楽に子どもに接してみませんか?同じ悩みを抱えている人と共に悩みを発散してみませんか?
KTCの個別相談会では、たくさんの過去の事例からお子さんに合ったアドバイスをしていきます。
まずは、気軽に私たちに相談してください。いつでもお待ちしています。

キャンパス情報

キャンパスブログ一覧に戻る

資料請求、見学会・個別相談受付、
お問い合わせはこちらから

  • 見学会・個別相談予約見学会・個別相談予約
  • 体験入学 予約体験入学 予約
  • 資料請求無料資料請求