学校見学・個別相談予約 体験入学 予約 資料請求

TOP > 静岡県/浜松キャンパス > キャンパスブログ > 【家族支援カウンセラーより】子どもの現状に悩む保護者に向けたメッセージ ~新学期前に伝えたいこと~

キャンパスブログ 静岡県/浜松キャンパス 【家族支援カウンセラーより】子どもの現状に悩む保護者に向けたメッセージ ~新学期前に伝えたいこと~

こんにちは。家族支援カウンセラーの岩間です。
今回は、子どもの現状に悩む保護者の方に見て欲しいと思いブログを書きました。

もうすぐ夏休みも終わりますね。
お子さんはどんな風に過ごしていますか? 表情や言葉に何か変化を感じますか?
お子さんのマイナス発言をいつものことと受け流していませんか?
この時期は特に注意して見てあげてください!
毎年ニュースなどでは『9月1日は一年で一番子どもの自殺が多い日』と伝えられます。
私自身、長いカウンセラー経験の中でそれを実感することが多く、8月末から9月はとても気をつけています。

『久しぶりに学校に行かなければいけない新学期』は『嫌な学校が始まる日』でもあり、その数日前、つまりこの時期からは『学校での嫌なことを思い出す日』でもあります。
しかし、その嫌なことを誰にも伝えないで、ひとりで悩んでいる子どもが多いです。
親や先生に伝えられたらすごく楽になるでしょうね。
夏休みはそこから解放されたので元気に過ごせたと思ってください。

相談を受けた子どもたちからは親に言わない理由を「どうせ言っても理解してくれない」「親の期待を裏切れない」「言うのが恥ずかしい」などと話してくれました。
その子どもたちの家庭は、親が厳しい(=期待が大きい)、無関心、心配性…など本音を言えない環境を作っています。
思い当たることがあれば、今からでも遅くはないので本音で向き合ってみてください。最初はお子さんも「何?どうした?」と思うかもしれませんが、『あなたに本気で向き合っていく』姿勢を伝え続ければお子さんも心を開いてくれるはずです。
それが親子ですから。

そして、学校に行きたくないのであれば、とりあえず休んでいいと思います。
根本的な解決をするためには、新しい環境を作ることも必要です。
親世代にはなかなか理解ができないと思いますが、今は不登校、別室登校、高校転校、通信制高校という選択も当たり前のことですからね。

浜松キャンパスでは家族支援カウンセラーが常駐していますので、お子さんの問題だけでなく、家庭や家族の問題に対しても、解決の糸口を一緒に考えていきます。
まずは相談の連絡をお待ちしています。

長い文章を最後まで読んでいただきありがとうございます。

キャンパス情報

キャンパスブログ一覧に戻る

資料請求、見学会・個別相談受付、
お問い合わせはこちらから

  • 見学会・個別相談予約見学会・個別相談予約
  • 体験入学 予約体験入学 予約
  • 資料請求無料資料請求