資料請求はこちら 学校見学・相談受付

TOP > 熊本県/熊本キャンパス > キャンパスブログ > 【授業風景】情報を効果的に伝達・発表するために ~カラーバリアフリーについて学びました~

キャンパスブログ 熊本県/熊本キャンパス 【授業風景】情報を効果的に伝達・発表するために ~カラーバリアフリーについて学びました~

あれ? どっちがどっちのトイレだったっけ??
あれ? どっちがどっちのトイレだったっけ??

みなさんは「カラーバリアフリー」という言葉を聞いたことがありますか? 色の見え方、感じ方は人によって異なりますし、色を認知する感覚に特性を持っている人もいます。また海外から多くの外国人が来日する今、「分かりやすい情報伝達の手段」が重要です。先日「社会と情報」の授業ではこのカラーバリアフリーについて学び、効果的な情報伝達の手段について考えました。例えば、私たちが見かけるトイレを案内する標識。青い男の子が男子トイレ、赤い女の子が女子トイレになっています。一目でどちらがどちらのトイレか分かる表示です。ところが授業担当の東コーチが提示したトイレを示すイラストに生徒たちは一瞬、戸惑いの表情…。東コーチが出した表示は赤い男の子と青い女の子の表示だったんです。ずっと赤=女子トイレ、青=男子トイレという環境で生活してきた私たちは一瞬判断に迷ってしまいます。「色」が多くの情報を簡潔に私たちに示してくれていることを実感しますね。また、色だけでなく「形のちがい」にも配慮をするとより効果的に情報を伝達することができます。生徒たちは「自分の中で当たり前だと思っていたことと違うことが起きたから判断するまで時間がちょっとかかった」「私にとって当たり前の色がみんな同じように見えるとは限らないんだなと思うとちょっと考えました」という感想です。『私が見ている世界と全く同じ世界をみんなが見ているとは限らない』というのを感じることができた授業でした。高校生活でたくさんの出会い・体験を通して柔軟な視点を持つことができるようになってほしいです。

ご相談・ご予約の連絡先はこちら↓
問合せ:0120-75-1105
メール:kyushu-info@ktc-school.com

キャンパス情報

キャンパスブログ一覧に戻る

資料請求、見学会・個別相談受付、
お問い合わせはこちらから

  • 資料請求無料資料請求する
  • 見学会・個別相談受付見学会・個別相談を予約する