学校見学・個別相談予約 体験入学 予約 資料請求

TOP > 愛知県/岡崎キャンパス > キャンパスブログ >  屋久島スクーリングについて知ろうPART3 人と関わることの大切さ

キャンパスブログ 愛知県/岡崎キャンパス 屋久島スクーリングについて知ろうPART3 人と関わることの大切さ

こんにちは、岡崎キャンパスの鬼木です。
鬼木コーチの屋久島スクーリングブログもPART3となりました。
このシリーズは今回が最終回です。
今回はスクーリング中の生徒の心の変化とスクーリング最終日の様子についてご紹介します。
 
これはある生徒のスクーリングの感想(スピーチ)の内容です。
 
私は、スクーリング初日「クラスに仲良くなれそうな人がいない。もう本当に家に帰りたい!」と中々教室に入ることができませんでした。
そんな時、私に他のキャンパスから参加している一人の生徒が「話せそうな人いないから、一緒に教室に入ろう?」と声をかけてくれました。
最初は嫌々だったけど、それからは(その生徒と)一緒に行動するようになり、本当に充実したスクーリングになりました。
あの声掛けがなければスクーリングを楽しめていなかったと思います。
 
〜中略〜
 
私はこのスクーリングで、人と関わることはそんなに悪いことではないなと思いました。
これから私は就職活動をしていきますが、社会人になる前にこのことに気付くことができ、本当に良かったと思っています。
短い間でしたが、私と関わってくれて本当にありがとうございました。
 
 
高校生時代に『人と関わること』について自発的に考える機会はあまりないのではないないでしょうか?
スクーリングという環境、そして屋久島という土地が生徒への成長を促しているのかなと感じました。

〜帰路のバスの車内から〜
〜帰路のバスの車内から〜

スクーリング最終日。
別々のキャンパスに帰る生徒達が最後の話しをしたり、連絡先を交換したりしています。
スクーリング初日と今とでは、生徒の表情が全く違うことに感動しています。
 
KTCでは『なりたい大人』になるために、勉強だけではない成長を促すプログラムを準備しています。
興味のある方は気軽にお問い合わせ下さい。

キャンパス情報

キャンパスブログ一覧に戻る

資料請求、見学会・個別相談受付、
お問い合わせはこちらから

  • 見学会・個別相談予約見学会・個別相談予約
  • 体験入学 予約体験入学 予約
  • 資料請求無料資料請求