学校見学・個別相談予約 体験入学 予約 資料請求

TOP > 東京都/東京キャンパス > キャンパスブログ > 【入学相談室より】世界遺産屋久島に生えている '屋久杉'の寿命がすごいのです②

キャンパスブログ 東京都/東京キャンパス 【入学相談室より】世界遺産屋久島に生えている '屋久杉'の寿命がすごいのです②

この年輪にぐぐーっと近づくと ↓ ↓ ↓
この年輪にぐぐーっと近づくと ↓ ↓ ↓

こんにちは!入学相談室の細野です。

前回では、「屋久杉の枝の輪切り」を通して、その大きさを少しだけ実感いただけたのではないかと思います。
今回は、「なぜ屋久杉がこんなに大きくなれるのか」、その秘密に迫ります。

ちなみに、
屋久杉とは・・・ 屋久島の標高500mを越える山地に自生していて、寿命が1000年を越える杉を屋久杉 と呼んでいます。

一般的な杉は500年余りが平均的な寿命といわれているのですが屋久杉はなんと 2000年を越えるもの もあるのです。

この「輪切り」にぐぐーっと近づくと・・・

こんなにも詰まっています
こんなにも詰まっています

年輪が非常に詰まっていることがわかります。
つまり、1年間での成長はごくわずかだということです。
 
屋久島には地味豊かで植物はぐんぐん成長していく印象があるかもしれませんが、実は屋久杉が育つ環境は花崗岩の山地で養分や光に乏しい森の中です。
 
だから、この島の杉は必死に少ない養分を取り込んで、少しずつ少しずつ大きくなるので、成長は遅いですが年輪は詰まって丈夫な木になります。
 
そして何千年という歳月を生き抜いているのです。
 
苦労した分だけ強くなれるなんて・・・
人も木も同じなのかもしれませんね。


屋久島スクーリングについての質問などがございましたら いつでも相談室までご連絡くださいね。

* * * * * * * * * * * *
見学会・個別相談会受付フォーム
フリーコール:0120-75-1105(通話料無料)

キャンパス情報

キャンパスブログ一覧に戻る

資料請求、見学会・個別相談受付、
お問い合わせはこちらから

  • 見学会・個別相談予約見学会・個別相談予約
  • 体験入学 予約体験入学 予約
  • 資料請求無料資料請求