資料請求はこちら 学校見学・相談受付

TOP > バンクーバーキャンパス > キャンパスブログ > 進路指導のひとつ ?ランガラ・カレッジに見学に行きました?

キャンパスブログ バンクーバーキャンパス 進路指導のひとつ ?ランガラ・カレッジに見学に行きました?

ランガラ・カレッジのキャンパス内の様子・・・広い\(^o^)/
ランガラ・カレッジのキャンパス内の様子・・・広い\(^o^)/

教室で青柳さんに説明頂きました。ありがとうございます。。。
教室で青柳さんに説明頂きました。ありがとうございます。。。

KTC卒業生の野田君(^_^) and Ayano
KTC卒業生の野田君(^_^) and Ayano

みなさん、こんにちは\(^o^)/
バンクーバーは、雨季のはずですが、晴れの日が多く、今年は雨が本当に少ないって、バンクーバーの人たちはみんな言っています。
気温に関しても、日本の北海道とか東北とかの方が寒いのでは?と思います。
ユニクロのダウンがあれば、今のところ大丈夫です(^_^)

さて、現在、バンクーバーCPにいる生徒は2年次生と、3年次生ですが、進路の事も気になるようになってきました。
そこで、バンクーバーCPのアクティビティで、カナダの大学を見学に行ってきました。
今回、見学したのはランガラ・カレッジ(英語名:Langara College)という、二年制の公立短期大学です。

バンクーバー市内のキャンパスに着くと、ランガラで仕事をしている青柳さん(日本人)が笑顔で出迎えてくれました。
キャンパスを一通りぐるりと見学させていただいた後、教室で学校の説明をしてくださいました。
ランガラ・カレッジでは、様々なプログラムがありますが、その中でもUniversity Transferというプログラムで
いくつかの単位を取得し、ブリティッシュコロンビア大学等へ進学を目指すのが一般的であるとのことでした。
この、“カレッジからユニバーシティに編入する制度”が、カナダでは日本よりもとても定着していて、
ランガラはとても実績のある大学なのです。ちなみに、日本の大学に編入する生徒もいるとの事でした。

とはいっても、英語で授業を受けるのは不安なものです。そんな、University Transfer受講に必要な英語力を得たい
留学生向けに、ESL(English as a Second Language:第二言語としての英語)というプログラムがあります。
そして、なんと、そのプログラムを受講中の野田大輔君というKTCの卒業生がいるのです。
しかも、バンクーバーCP1期生の生徒なのです。

「バンクーバーに来て、ランガラに来て、自分がホントに本気になる事の大切さが分かった。」

と、野田君は3期生の生徒たちの前で話してくれました。
3期生の生徒でも、行ってみたいかも、考えてみようかなぁなどの意見が出ていました。
このカレッジについてもっと聞きたい人がいたら、ぜひ聞いてみて下さいね。

留学すること、海外に行くことによって、生徒たちの考え方や選択肢が増えて、それが成長につながるのをバンクーバーCPでは間近で感じられます。新しい何かを知ることにより、新しいあなたに出会えるチャンスがある場所。そんなバンクーバーCPをこれからもよろしくお願いいたします(^^)

キャンパス情報

キャンパスブログ一覧に戻る

資料請求、見学会・個別相談受付、お問い合わせはこちらから

  • 資料請求無料資料請求する
  • 見学会・個別相談受付見学会・個別相談を予約する