資料請求はこちら 学校見学・相談受付

TOP > バンクーバーキャンパス > キャンパスブログ > 海外で活躍する素敵な日本人との出逢い

キャンパスブログ バンクーバーキャンパス 海外で活躍する素敵な日本人との出逢い

写真の“撮られ方”もレクチャーして頂きました♪
写真の“撮られ方”もレクチャーして頂きました♪

“一瞬”をねらって撮る写真の魅力
“一瞬”をねらって撮る写真の魅力

第6期も折返し地点★
第6期も折返し地点★

突然ですが、学生のみなさん。
夢はありますか(・・?)

先日、カナダと日本でご活躍中の写真家 斉藤光一さんにバンクーバーキャンパスへ講師としてお越しいただきました(*^ー^)ノ
20代前半までアマチュアロックバンドで音楽中心の生活をしていた斉藤さん。しかし、バンドをやめてしまったとたんに目標がなくなり、“何か”を見つけにワーキングホリデーでオーストラリアへ。今では日本でも身近になったワーキングホリデーですが、当時は周囲の人たちから「なぜ海外へ?」とたくさん聞かれたそうです。

折り返し地点を過ぎたバンクーバーキャンパス第6期、生徒たちは今回の留学を決めた頃のことを改めて思い出していました。
高校生として、5ヶ月間の長期留学。
家族、友だち、先生など周りの人の・・・
「いったん家族と離れて暮らすと気づくこともあるよ★」
「カナダの美容専門学校への進学希望だから、英語環境に身を置いてみたら?」
「将来、英語を使う仕事に就きたいなら、必ず糧になるよ!」
「日本での生活から飛び出せば、きっと考え方が変わるんじゃない?」
と、あたたかな応援があったからこそでした。

斉藤さんはオーストラリアへ渡って農園で1シーズン働き、少しずつ英語がしゃべれるようになってくると、さらに英語環境で生活したいと思いカナダへ。そこで出会ったスノーボードがきっかけとなり、地元長野県でスノーボード店を経営されました。また、ボーイスカウトで会長を務められたこともあり、子どもたちと関わるなかで「自分も新たな夢を追ってみよう」とカナダで写真家になることを決意することとなります。写真技術は独学で習得し、写真コンテストへの応募をきっかけに、奨学生としてニューヨークへ写真留学することになったそうです。

「KTCに転校してきたことも、夢を叶えるまでの道のりにある決断のひとつ。後悔はない。」
この先の人生は、何が転機となって変わるか誰にもわかりません。
カナダで活躍されている素敵な大人に出逢えて、写真の奥深さを学べただけでなく、今を大切に生きようと改めて感じた1日になりました★

バンクーバーキャンパスでは、英語が上達してきた生徒は、一般英語コースへ進級することができます(●・ω・)ノ
世界のさまざまな国から集まった留学生たちと授業が受けられる絶好のチャンス♪
次回は、進級後の6期生の様子をお伝えします!

キャンパス情報

キャンパスブログ一覧に戻る

資料請求、見学会・個別相談受付、お問い合わせはこちらから

  • 資料請求無料資料請求する
  • 見学会・個別相談受付見学会・個別相談を予約する