資料請求はこちら 学校見学・相談受付

TOP > 三重県/三重四日市キャンパス > キャンパスブログ > 土用の丑の日とは?ウナギを食べて元気に夏を乗り越えよう!

キャンパスブログ 三重県/三重四日市キャンパス 土用の丑の日とは?ウナギを食べて元気に夏を乗り越えよう!

うなぎを食べてスタミナアップ!
うなぎを食べてスタミナアップ!

7月25日と8月6日は、土用の丑の日。
みなさんも私と一緒で、土曜日にウナギを食べる日と思っていませんか?

土用とは、いろいろ調べれば分かりますが、四立(立春、立夏、立秋、立冬)の前、18日(または19日)の期間のことだそうです。今年は7/19~8/6が夏土用となります。つまり、今日から土用です。土曜日ではないですよ、念のため。

また昔は、十二支と言われる干支を、方角や日にちを数えるときにも使っていたそうで、今年は7/1、7/13、7/25、8/6、8/18…と12日周期で丑の日になります。
このふたつが重なった日を「土用の丑の日」といいます。

もともと、丑の日は「う」のつく食べ物を食べると縁起がいいと言われていたそう。別に、梅干しでもうどんでもいいんです。バレンタインデーをチョコレート会社が仕掛けたように、昔の発明家:平賀源内が、ウナギが売れなくて困っていたウナギ屋さんを助けるためのマーケティング戦略だったんです。

7月25日は、うなぎや「う」のつく食べ物を食べて、元気に過ごしましょう!
心の元気は、KTCがあげられるかも!?

お問い合わせ:0120-75-1105
メール:chubu-info@ktc-school.com

キャンパス情報

キャンパスブログ一覧に戻る

資料請求、見学会・個別相談受付、お問い合わせはこちらから

  • 資料請求無料資料請求する
  • 見学会・個別相談受付見学会・個別相談を予約する