資料請求はこちら 学校見学・相談受付

TOP > キャンパス関連ブログ > ヘアメイクレッスン > エクステタイプの付けまつげはいかが?

ヘアメイクレッスンブログ キャンパス関連ブログ エクステタイプの付けまつげはいかが?

(写真.1)付けまつげをつけました。自然な仕上がり。
(写真.1)付けまつげをつけました。自然な仕上がり。

(写真.2)この他にもまだまだいっぱいありますよ。
(写真.2)この他にもまだまだいっぱいありますよ。

(写真.3)一緒に付いているものより、別ののりを買った方がいいかも!
(写真.3)一緒に付いているものより、別ののりを買った方がいいかも!

明けましておめでとうございます★
今年最初のテーマは、以前から紹介しようと準備していた、付けまつげ!
今回のモデルさんは目頭から目の中央まで、まつげがしっかり有り、付けまつげ入らずなのに、目尻側だけ若干短く、バランスが悪かったのでここで登場!エクステまつげです。メイクのどのタイミングに付ければ良いかなど、メイク手順に沿って説明していきます。

今回のモデルさんは高校時代から演劇に興味を持ち今は専門学校でレッスンに励んでいるそうです。そんな彼女は初メイクなので少し緊張ぎみのスタート。ベースメイクも終わり、アイブロウから書きます。元の眉が自然なのでほとんどペンシルではなくシャドウブラシでぼかす程度にし、次にまぶたの際にはレンガ色を、アイホールにはライトブルー+ライトグリーンをのせ、ダブルホールにはオレンジ系で影になるようにします。こうするとブルー系などで腫れぼったくなりやすいまぶたを立体的に見せる事ができます!目の下はライトパープルを全体にのせ上下の際に黒のアイラインをプラスします。ここまでメイクをしてからエクステタイプの付けまつげ!
全体に付けるタイプのまつげなら、付けた後にまたアイラインを書かなくてはいけないのですが、今回のように一本一本付けるエクステタイプであれば、もちろんビューラー&マスカラもしっかり済ませてからで大丈夫です。

まずは(写真.2)長さやカラー(メイクイメージに合わせていろんなタイプがありますが一般的には黒がオススメ)などを選んでからピンセットで一本づつ丁寧につけます。(その他は全体に付けるタイプや写真左下の長さに合わせてカットして使うタイプや、写真下真ん中の下まつげ用のタイプなどなど、まだいっぱい種類はあります)ピンセットに挟んだ状態で、先にのりを付け素早く目の際に付けます。ここでポイント!自分のまつげの根元に沿うように付けるか、まつげとまつげの間に付けると自然になりますよ。
本数は付けながら合わせるので、左右の本数が違っても大丈夫ですよ。
のりもチューブやハケのついたものなどいろいろあるので、持ちがいいものを探してください。僕は(写真.3)左の二つ、本来はアイプチに使う物を付けまつげ用に使っています、特に一番左がオススメ。
改めて(写真.1)を見てみてください。特に奥の目の目尻あたりが自然でしょ。

みなさんも試してみてくださいね。
それでは、今年もヘアメイクレッスンを宜しくお願いします♪♪

キャンパスブログ一覧に戻る

資料請求、見学会・個別相談受付、お問い合わせはこちらから

  • 資料請求無料資料請求する
  • 見学会・個別相談受付見学会・個別相談を予約する