資料請求はこちら 学校見学・相談受付

TOP > キャンパス関連ブログ > ヘアメイクレッスン > カラーウィッグアレンジ

ヘアメイクレッスンブログ キャンパス関連ブログ カラーウィッグアレンジ

急に暑くなりました。夏はもう目の前ですね。

今回はカラーウィッグのアレンジを紹介します。
 以前から参加しているぽぷかるのイベントの時に用意していたロングのカールウィッグ。このウィッグはグリーンやブルー、ピンクなどカラーが綺麗ですし、最初からカールをつけてあるので被るだけですぐ変身できるのです(^o^)
僕が講義に行っているNFCC名古屋文化短期大学美容養成コースやモード学園メイクコースで、ヘアメイクのコンテストが毎年あるのですが、今年は「日本かわいい」「東京かわいい」など、世界に「かわいい」を広めよう!をテーマに開催されることになりました。このコンテスト、去年はメイクは仕込みの段階で終わっていて、競技時間内でヘア完成を目指し、審査はヘアメイクまでのトータルの審査。今年は逆で、ヘアは全て仕込みの段階で終わらせて、競技時間内でメイクの完成を目指します。学生が「かわいい」をイメージしていくと、ピンク=かわいい、地毛ではかわいくならない→ピンクのウィッグならかわいいという結論が多く、ウィッグ初心者の1年生のために見本となるウィッグをつくりました。カットウィッグに少しアレンジを加えていくと気がついたら二つ出来上がっていました(^o^)このコーナーにもお披露目です。


(写真.1)アレンジの時に使う毛たぼやピンなどで留めて作ります。
(写真.1)アレンジの時に使う毛たぼやピンなどで留めて作ります。

では、制作工程です。最初は、グリーンブルーの方から。
(写真.2)このかご編み、名前の通りかごなどを作る時の方法で髪の毛を編みます。編み方のコツは、まず3つ編みを習得し、次に4つ編み、5つ編みと本数を増やし、最終的に一人で7つ編みができるまで練習しましょう。名古屋キャンパスでもトライアルレッスンで練習できますよ。
これをベースに編んで編んで編んで…(写真.2)のようになっていきます。その他は、3つ編み、合わせ編み(フィッシュボーン)、縄編みなど、できる編み方を感覚で作っていきます。これでベースは終わり。
くまのペアをUピンとアメリカピンでウィッグに挟むように留めて固定します。その後、作っておいた編み込みなどをバランスをみながら毛先をウィッグに挟むように固定していきます。最後にカットばさみでフェイス周りをカットして終了です。ちなみにカット用が無くてもウィッグなので普通のハサミでもいいですよ。

次に、ピンクホワイト系のウィッグ(写真.3)。
まずショートウィッグを被せてその上に重ねるようにロングウィッグを被せます。ふんわりした感じにしたいので毛たぼに白いフェルトを被せてボリュームを出しピンでウィッグに留めます。それを隠すように優しく少しずつ隠しながらバランスをとっていきます。さらに、襟足辺りはくるくると丸めながら馴染むようにし、いろんな飾りをつけて完成です(^o^)

ちなみに、今回の二つのウィッグに着けた飾りは以前僕が作品作りに使っていたものを再利用して着けてみました(^o^)
夏休みに是非挑戦してくださいね。

(写真.2)編み込みをしていくとイメージが変わります。
(写真.2)編み込みをしていくとイメージが変わります。

(写真.3)ショートウィッグの上にロングウィッグを。
(写真.3)ショートウィッグの上にロングウィッグを。

キャンパスブログ一覧に戻る

資料請求、見学会・個別相談受付、お問い合わせはこちらから

  • 資料請求無料資料請求する
  • 見学会・個別相談受付見学会・個別相談を予約する