資料請求はこちら 学校見学・相談受付

TOP > What's New 更新情報 > KTC-TOPICS > [広報]2015.7.10 毎日新聞掲載<福岡キャンパス 街頭募金>

KTC-TOPICS What's New 更新情報 [広報]2015.7.10 毎日新聞掲載<福岡キャンパス 街頭募金>

KTC中央高等学院 福岡キャンパスの生徒たちによる街頭募金の様子が、7/10(金)の毎日新聞に掲載されました。以下、掲載内容です。


「困っている人を助けたい」
生徒や教員ら博多駅前で街頭募金

  広域通信制の屋久島おおぞら高校(鹿児島県屋久島町)に在籍する生徒らが9日、JR博多駅筑紫口前で、噴火のため全島避難を余儀なくされている口永良部島民たちに役立ててもらおうと募金に協力を呼びかけた。
  募金は同校の指定サポート校KTC中央高等学院が全国にある32キャンパスで実施しており、この日は福岡キャンパス(博多区博多駅東)に通う生徒らが街頭に立った。
  同校には全国各地から不登校や高校中退などさまざまな困難を抱えた生徒約6000人が在籍。屋久島へは年に1度定められた登校日に訪れているが、同校から12キロしか離れていない場所での噴火発生に心を痛め、自分たちにできることをと募金を始めた。
  暑い日差しの中、街頭に立った9人の生徒と教員らは手作りの募金箱を持ち、パネルを掲げて道行く人々に声を掛け、募金への協力を求めた。3年の田中大誠さん(18)は「自分たちの学校がある同じ地域で困っている人たちを助けたい。少しでも多く集めて届けたい」と話した。募金は16日に予定されている登校の際、屋久島町役場へ寄付する。

(毎日新聞 2015年7月10日)

ブログ一覧に戻る

資料請求、見学会・個別相談受付、お問い合わせはこちらから

  • 資料請求無料資料請求する
  • 見学会・個別相談受付見学会・個別相談を予約する