資料請求はこちら 学校見学・相談受付

TOP > What's New 更新情報 > KTC-TOPICS > [広報]2015.7.21 大阪日日新聞掲載<大阪キャンパス 街頭募金>

KTC-TOPICS What's New 更新情報 [広報]2015.7.21 大阪日日新聞掲載<大阪キャンパス 街頭募金>

KTC中央高等学院 大阪キャンパスの生徒たちによる街頭募金の様子が、7/21(火)の大阪日日新聞に掲載されました。以下、掲載内容です。


「避難島民支援を」
KTC中央高等学院大阪 生徒ら街頭で募金活動

  避難している島民の皆さんのために募金をお願いしますー。KTC中央高等学院(本部・名古屋市)の大阪キャンパス(浪速区元町1丁目、西川潤キャンパス長)の1~3年の生徒20人と指導職員5人が9日、中央区難波5丁目のなんば高島屋前で口永良部島噴火で避難している島民支援のための街頭募金活動を行った。通行人らは汗を流しながら懸命に募金活動する生徒が掲げる募金箱に義援金を投入していた。
  同学院は「グローバル教育」とともに「ホリスティック教育」を推進し、同学院の生徒は全員が屋久島にある通信制高校「おおぞら高校」でスクーリングを受けている。
  今回の募金活動は「今、私たちにできることは何か」との思いから、「噴火災害のために屋久島で避難生活を送っている口永良部島の方々を支援したい」と行った。
  この日は午後1時から約1時間半、参加者全員で募金を呼びかけ、2万8642円の浄財が寄託された。生徒の代表らが屋久島町役場に届ける。
  募金活動の生徒代表、神山啓太さん(高校3年)は「先月、スクーリングのため屋久島に行ってきました。何かお役にたちたいとみんなで募金活動をしました。将来は大学に進学し、消防士になりたい」と話していた。

(大阪日日新聞 2015年7月21日)

ブログ一覧に戻る

資料請求、見学会・個別相談受付、お問い合わせはこちらから

  • 資料請求無料資料請求する
  • 見学会・個別相談受付見学会・個別相談を予約する