資料請求はこちら 学校見学・相談受付

TOP > What's New 更新情報 > KTC-TOPICS > [広報]2015.7.24 南日本新聞掲載<口永良部島のみなさんに贈る義援金>

KTC-TOPICS What's New 更新情報 [広報]2015.7.24 南日本新聞掲載<口永良部島のみなさんに贈る義援金>

KTC中央高等学院の生徒たちが、街頭募金で集めた募金を屋久島町役場に贈った様子が、7/24(金)の南日本新聞に掲載されました。以下、掲載内容です。


「通信制高生 口永良部避難島民と交流」
屋久島おおぞら高校 全国で募金100万円

  屋久島町・口永良部島の新岳爆発で全島避難が続いている住民を励まそうと、同町平内にある通信制の「屋久島おおぞら高校」の生徒が全国で募金活動をし、集めた約107万円を町に23日届けた。生徒代表は避難所を訪れ、住民と交流した。
  生徒約6千人は普段、全国に32カ所あるKTC中央高等学院のサポート校に通う。屋久島の本校には年に1回、1週間程度滞在、授業や自然体験学習をしている。
  「本校がある屋久島町内に、口永良部島がある。募金で恩返ししたい」。爆発を報道で知った宮城県の生徒から声が上がり、6月中旬から1カ月間、各サポート校に募金箱を置いた。福岡や大阪など6カ所の駅前で街頭活動をした。
  生徒代表5人と宮長芳登校長らは町役場で岩川浩一副町長に募金を手渡した。避難所では生徒が育てたタンカン果汁で作られたタンカンサイダー144本を贈り、住民を激励した。平内の実家に避難している寺田麗子さん(64)は「若い人たちにパワーをもらった」と喜んだ。東日本大震災で自宅が津波に流され、宮城県石巻市の仮設住宅で暮らす3年鷹巣聖華さん(18)は「家があるのに、帰れないのはつらいと思う。1日も早く島に帰れたらいい」と話した。
(堀伸一郎、廣庭直之)

(南日本新聞 2015年7月24日)

ブログ一覧に戻る

資料請求、見学会・個別相談受付、お問い合わせはこちらから

  • 資料請求無料資料請求する
  • 見学会・個別相談受付見学会・個別相談を予約する