資料請求はこちら 学校見学・相談受付

TOP > What's New 更新情報 > KTC-TOPICS > [広報]2015.11.27 中日新聞掲載 岐阜キャンパス 18歳選挙権について考える特別授業

KTC-TOPICS What's New 更新情報 [広報]2015.11.27 中日新聞掲載 岐阜キャンパス 18歳選挙権について考える特別授業

KTC中央高等学院 岐阜キャンパスの特別授業のようすが、11/27(金)の中日新聞に掲載されました。
公職選挙法改正法の成立を受け、来年度18歳を迎える生徒たちが選挙をもっと身近に感じて欲しい、そして18歳から選挙に参加することの意味を知って欲しいというねらいで今回の特別授業が企画されました。
以下、掲載内容です。


政治参加の姿勢大切に
岐阜の通信制高生聴講

    来年6月に選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられることを受けて、選挙への理解を深める特別授業が26日、岐阜市加納清水町にある通信制高校のサポート校「KTC中央高等学院岐阜キャンパス」で開かれた。
(宮崎正嗣)
    学生に主権者としての意識を持ってもらおうと、学校が初めて開催。一~三年生の四十一人が、県選管の常田竜太郎係長からインターネットを使った選挙運動の種類や、投票の仕方を学んだ。常田係長は、近年の国政選挙で若い世代を中心に投票率が低い現状も紹介。「二十~二十四歳では三人に一人しか選挙に行かない状態。まもなく選挙権を得る皆さんには、積極的に政治に参加する姿勢が求められている」と話した。
     聴講した二年生の竹本桜さん(十七)は「若い世代の投票率が下がっているので、自分たちが率先して選挙に行くべきだと感じた。日ごろから新聞やネットなどで調べるようにしたい」と話していた。

(中日新聞 2015年11月27日

ブログ一覧に戻る

資料請求、見学会・個別相談受付、お問い合わせはこちらから

  • 資料請求無料資料請求する
  • 見学会・個別相談受付見学会・個別相談を予約する