東京都東京秋葉原キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?campus=1818

大学・専門学校とはなにが違うの?
大学・専門学校とはなにが違うの?

2019年4月、“専門職大学”という新しい学校制度が誕生します。
 
これまで、高校卒業後の進学先は、大学・短期大学・専門学校を選ぶのが一般的でした。
その進路選択に“専門職大学”という新たな学校が加わります。これまでにない全く新しい学校制度。何をどんなふうに学べるのか、卒業後はどんな道に進めるのか、ちょっと気になりませんか?
 
従来からある大学・短期大学は学問を深く研究する学校、専門学校は将来の就職に向けて技術を身につける学校ですが、“専門職大学”は将来的に産業をリードできる人を育成するために産業界と連携しながら専門的なことを広く実践的に学ぶ学校として設立されます。
 
大学と専門学校のそれぞれの良さを併せ持ちながら、これまでにない教育方針で仕事に役立つ知識と技術を身につけられるのが特徴なんですね!
 
卒業すると「学士(専門職)」という学位が得られます。授業は大学で学ぶ教養以外に、業界で実際に仕事をしていた実務家教員による授業や、企業での長期にわたる実習などが行われます。
 
今は世の中のしくみがどんどん変わるスピードの速い時代。“専門職大学”で学ぶことにより、時代の変化に対応しながら新しいことを生み出す力を身につけることができるかもしれません。
 
興味のある方は、“専門職大学”についても一度情報収集してみてくださいね!


【HPでのお問合せ】こちら → 見学会・個別相談受付フォーム
【お電話でのお問合せ】0120-75-1105