千葉県千葉キャンパスキャンパスブログ

みんな真剣です!! 
みんな真剣です!!

みなさん、こんにちは!! 千葉キャンパスの鶴田です。

千葉県は気候が温暖で、住みやすい場所というイメージをお持ちの方が多いと思いますが、それは縄文時代の人々も同じく感じていたようで、その証拠に千葉県からはたくさんの貝塚が発見されています。教科書で縄文土器を見たことがある生徒は多くいますが、から実際に作ってみようということで先日、日本史の授業で縄文土器作りを行いました!

まずは、成形しやすいように土を捏ねるところからはじめ、15分ほど土と格闘したあとは、底を作って土をひも状にしたものを重ねて形を作っていく…
簡単にそうに見えますが、丸い形を作っているはずなのに途中から片寄ってきたり、土が乾燥してくるとヒビがはいったりと思っていたよりも難しいものでした。

途中、生徒からは「縄文人って手先が器用だったのかな~「縄文土器ってなんで底がせまいの?不安定じゃない?」「この土器で縄文時代の人は貝を煮たりしたんでしょ??」と、縄文時代の人々の生活を感じながらの作業となりました。

たまにふざけあったりしながら、楽しくできました♪
たまにふざけあったりしながら、楽しくできました♪

好きな科目も苦手な科目も、教科書を読むだけでは感じられないことに気付いたとき、その科目が面白いと思うきっかけになります。
初めは苦戦していた生徒も、慣れてくると自分の思い思いの形を作って大満足の様子でした!!