静岡県浜松キャンパスキャンパスブログ

防火衣を体験
防火衣を体験

8/1(月)から始まったKTC中央高等学院浜松キャンパスの職場見学Hamazania(ハマザニア)。
初日に生徒たちが伺ったのは、浜松市中消防署です。

まずは、消防署の中を案内して頂いた後、消防士の黒川さんにお話を伺いました。
「消防士になったのは、リーマンショックの影響を受けて、経済に影響を受けない仕事がいいと思ったのがきっかけ」
「消防学校は、一般の社会とはかけ離れたすごく厳しい場所。」
など、生徒の質問に率直に答えてくださいました。

「消防隊員」というと、とても特殊な仕事のように感じてしまいますが、公務員としての現実的なお話も伺うことができ、「自分が将来仕事を選ぶ際の参考になった」という声も聞かれました。生徒たちには、ただ「見学」するだけでなく、多様な社会人の方の価値観を知って、働くことのイメージを膨らませてもらえたら、と考えています。(榛葉)

様々な消防車を見学している様子
様々な消防車を見学している様子