静岡県浜松キャンパスキャンパスブログ

漢字検定を受検した生徒も多い2学期。
おすすめの書籍があります。

「書店ガール」 碧野圭著
題名通り、書店員の話です。
昨年ドラマ化されたこともあって、ご存知の方も多いのでは?

教育者の齋藤孝氏は「読書のチカラ」という著書の中で、「日本人は思考も会話も全て脳内で漢字仮名交じり文に変換して行っている。」と書いています。

思考力を深めることも、判断力を高めることも、頭の中で漢字、仮名が浮かばないと出来ないそうですよ。
そのためには漢字を身につけることが必須だと。

漢字学習には、漢字検定を受けるもよし。
齋藤孝氏は、読書こそ漢字の力を高める方法だと書いています。

「書店ガール」は、何よりも本屋に行きたくなる物語。
「書店ガール」を読んで、本屋に行って、本を読み、漢字を学んでいくのはいかがでしょうか。

KTCには、勉強したくなる書籍が他にもあります!
是非一度浜松キャンパスに見学に来てみてくださいね。
(佐藤友美)

書店ガール 碧野圭著
書店ガール 碧野圭著