静岡県浜松キャンパスキャンパスブログ

https://reserva.be/ktcschool/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=1deJwzsTQ2sQAAAyYBDQ28

今回紹介するのは、卒業を控えた3年生に贈る一冊です。
 
『夜のピクニック』 恩田陸著
 
先月、『蜂蜜と遠雷』で第156回直木賞を受賞した恩田陸氏の2005年に本屋大賞を受賞した作品。
 
高校生活最後のイベント「歩行祭」で、ただただ歩く物語。
歩く、ただそれだけなのに、特別。
卒業を控えて、初めて知る友達のこと。
卒業までに伝えたい思い。
 
『夜のピクニック』を読むと、淡々とした展開の中に潜んでいる奥深さに、人に歴史あり、と思わされます。
 
いつも一緒にいた友だちのこと、ちゃんと知っていたかな。
ともに学んだKTCの仲間のこと、見ていたかな。
卒業までに、やり残したことはないかな。
 
そんな気持ちになるかもしれません。
 
KTCで過ごす日々はまだあります!
たった一度の高校生活を、実りあるものに。
一日を、大切に過ごしましょう。
(佐藤友美)

『夜のピクニック』 恩田陸著
『夜のピクニック』 恩田陸著