静岡県浜松キャンパスキャンパスブログ

まずは、折り紙から
まずは、折り紙から

実際の記事です
実際の記事です

みなさん、こんにちは!
タイトルの通り、浜松キャンパスの授業の様子が中日新聞に掲載されましたのでご報告します★

以前にもお伝えしたように、浜松キャンパスではアクティブラーニングに力を入れています! 今回は生徒に“視覚障がいへの理解”をテーマに、体感型の授業を行いました。

その内容はというと、写真を見ても分かるように、アイマスクを着用してもらい白杖(はくじょう)を持って外を歩いてみるというもの。点字ブロックの無い場所も歩き、その不安の違いなどを体感しました。

生徒からは「誘導の声があると、物凄く安心した」という声が聞かれました。

街中を歩いていると、白杖を頼りに歩いている人や盲導犬を従え歩いている人を見かけることがあります。
ですが、なかなか声は掛けられないもの…。今回の授業を通じて、少しでも心のバリアフリーが進んでくれたらと思います。