静岡県浜松キャンパスキャンパスブログ

新学期が始まって2ヶ月。学校生活にも慣れてきた中で考えてほしいこと。
毎朝登校をして、授業やトライアルレッスンを受ける。
当たり前のように過ごす毎日は、実は当たり前のことではありません。

日常が一変してしまう災害の危険性。
浜松キャンパスでは東日本大震災や昨年起こった熊本地震を教訓に、またいずれ起こると言われている東南海地震に備えて、避難訓練を行いました。

授業中に警告音が鳴ると、驚きと不安そうな表情の生徒達。
先生の指示のもと、緊張感をもって危険回避行動を取ります。
そして速やかに避難を開始。
避難中は建物側を歩かず、車道側を歩いて危険を回避することを意識しました。

訓練でも、本当に起こっていると想像するのが大切。
災害への意識を今まで以上に高める機会になりました。

いざという時の備えをするだけで、毎日の生活が安心できるものになりますね。
これからも浜松キャンパスでは、防災意識を高めていきます!(小林)

迅速、かつ冷静に避難することが大切です。
迅速、かつ冷静に避難することが大切です。

災害について考える機会になりました!
災害について考える機会になりました!