静岡県浜松キャンパスキャンパスブログ

https://reserva.be/ktcschool/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=1deJwzsTQ2sQAAAyYBDQ28

先日のブログ(2018.1.22)で予告した「はままつグローバルフェア」が2/11(日)にクリエート浜松で行われ、浜松キャンパスの生徒がボランティア活動を行いました。

今年のテーマは、ミャンマーのイスラム教徒住民「ロヒンギャ」の難民問題です。
少数民族に対する迫害が難民やテロを生んでいる、という現実を展示で紹介し、多くの来場者が足を止めて見てくださいました。
そして、「武器ではなく支援という名の富を送ろう」というスローガンのもと、募金活動を行うのと同時に、PPバンドで編んで作った「プラカゴ」を販売しました。プラカゴはミャンマーをはじめ東南アジアでよく使われている日用品で、小物入れ等として使用できます。
生徒たちの声かけや呼び込みの成果もあり、プラカゴ116個を完売!
売り上げの9,132円と募金の17,731円、合計26,863円はユニセフに寄付します。

KTCでは今後も、世界の諸問題について何ができるかを考え、実践していきます。
(伊藤 剛)

カラフルなプラカゴを販売しました
カラフルなプラカゴを販売しました

ご来場の皆様、ありがとうございました!
ご来場の皆様、ありがとうございました!