静岡県浜松キャンパスキャンパスブログ

今日、6月23日は、1945年に第二次世界大戦での沖縄戦が終結した日(沖縄では「慰霊の日」)です。
例年この時期から8月前後にかけては、浜松キャンパスでも戦争に関する授業や催し物を多く実施しています。
 
先日は、みらいの架け橋レッスンで映画『火垂るの墓』の鑑賞会を行いました。
今年4月に亡くなった高畑勲監督の代表作の一つで、戦争に運命を翻弄され、固い絆で結ばれながらも悲しい最期を遂げた兄と妹の物語です。
生徒たちからは、
「妹を思う兄の気持ちに感動した。」
「私たちは恵まれていると思った。」
「絶対に戦争のない社会にしたい。」
等の感想が聞かれました。
 
戦争の悲惨さと命の大切さを改めて学び、平和のために自分たちができること(例えばボランティアなど)を実践していく。
それが、KTCの平和教育です。
今後も、浜松復興記念館の訪問、被爆者の方の体験談の授業等、様々な取り組みを行っていきます。
 
(伊藤 剛)

<お知らせ>
浜松キャンパスでは、随時『個別相談会』を開催しています。
個別相談会では、専門のカウンセラーと高校生活や学習計画などについて相談させていただきます。
下記より、お申込みいただけます。まずは一度ご相談ください!!



真剣に鑑賞しています
真剣に鑑賞しています