広島県広島キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=4343

生徒も保護者もスタッフもみんな島袋さんの話を真剣に聞いてました。
生徒も保護者もスタッフもみんな島袋さんの話を真剣に聞いてました。

「出来ることから始めていこう。」その言葉に皆強く勇気付けられました。
「出来ることから始めていこう。」その言葉に皆強く勇気付けられました。

皆さん、こんにちは。(・∀・)ノ

朝晩がだいぶ涼しくなりましたね。日が沈むと心地よい風が家の中に吹き込むので、ちょっと窓を開けて秋風に浸るのもいいかもしれませんね。

さて。今回のキャンパス便りは、先日広島キャンパスで行われたスクールイベントをご紹介します(*゚▽゚*)

9月10日(木)、義足ランナーとして有名な沖縄県出身の島袋勉(シマブクロツトム)さんをお招きし、『夢をあきらめない』というテーマで講演していただきました。
島袋さんを簡単にご紹介すると、1963年に沖縄県那覇市で生まれ、1983年に20歳にして会社創業されました。しかし、2001年に千葉県で踏切り事故により両下腿切断され高次脳機能障害(記憶障害)を負われました。
2年近く入院されますが「自分にできることは何か?」と自問自答された上で両足に義足を装着し、歩み続けて来られました。医者からも周りの人たちからも「無理だ」と言われてきたマラソンに挑戦され、2004年11月にはトリムマラソン3キロ、同年12月にはホノルルマラソン42.195キロを完走されました。後も国外国内問わずマラソンや登山を挑戦され続けてきました。

講演会の中では社会復帰されるまでや、マラソンを始められるまでの苦労や経験をお話しされ、またその中で抱き続けた「夢をあきらめない」という思いを優しく、そして強かに語られました。
生徒もその島袋さんの思いに引き込まれ熱心に聞いてました。

講演会後の生徒同志の意見交換会では色んな思いが飛び交いました。
「普通だったら大ケガして何もかも投げ出したくなるのに強いなぁ。」
「ボクらも自分を信じれば出来ないものはこの世にないと思うよ。」
「確かにねぇ。普段考えたり悩んだりしてたことなんて小さいもんだよね。」
「私もそう思った。しかも“挑戦すること”も大事だけど“挑戦し続ける”ことが大事だなって感じたよ!」
皆が得たものはそれぞれ違うかもしれないけれど、明日に向かって前進しようという思いは皆同じだったと思います。

島袋さんの言葉に生徒も保護者もスタッフも強く勇気付けられました。

KTCではこうした素敵なおとなとの出会いのチャンスがあります。素敵な人生、素敵な仕事、素敵な笑顔の先生をお呼びして、トライアルレッスンやスクールイベントを催しています。
次回はどんな素敵なおとなと出会えるか、乞うご期待!

ヽ(* ̄∀ ̄)**SeeYou**( ̄∀ ̄*)ノ