広島県広島キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=4343

年末まであと2週間を切りました。
一年というのは本当にあっという間ですね。
みなさん、急に何かと忙しくなっていないですか?
『忙しい』という字は『心』を『亡(な)くす』と書きます。
せわしなく走り回って、心をおいてきぼりにしないように気を付けて下さいね((((>_<;


広島キャンパスでは、12月17日にトライアルレッスンの一つとして『素敵なおとなの輪』を行いました。
この『素敵なおとなの輪』というのは色んなお仕事の大人、つまりその道のプロに来ていただいて、やりがいなどもそうですが、素敵なおとなに出会ってその人たちの『生きざま』を肌で感じてもらおう!というものなんですね(@o@)


今回は助産師をしてらっしゃる熊谷則子(クマガイノリコ)さんに来ていただきましした。
みなさん、『助産師』という言葉を聞いたことはありますか??
昔で言うお産婆さん、お家で出産をむかえるのを助ける人のことをいうんですね。

熊谷さんは娘さんが自宅で出産をしたいと言うのをきっかけに、自宅ぶんべんのお手伝いをはじめました。初めての娘さんの出産はたいばんが出てこず病院に運ばれて、ていおう切開になり大変だったそうです。
その後何十人ものお母さんたちの自宅出産を迎えてきました。

熊谷さんは一つひとつの『命』の大切さ、『心の生き方』についてお話してくださり、授業中はいつものKTCの授業とはまた違う雰囲気でした。
男の子も女の子もいつもより真剣に聞いてました(^^*)
生徒のうち一人は大学へ行って保育士になるのが夢だったので「今日のは絶対聞いておきたかった」と言っていました。

授業の中で熊谷さんが「自分の出産をお母さんに聞いたことがある人?」と尋ねました。
ある生徒は「生まれる予定時刻よりだいぶ早すぎて、頭が出てきて大変だった」と、お母さんから教えてもらったとちょっと恥ずかしそうに話してくれました。


みなさんは自分が生まれた時のことを知っていますか?
ついつい、毎日をなんとなく過ごしてしまいがちです。忙しいこの年末・年始こそちょっといつもより自分を大切に生きてみてください。
そうしたら、それが周りの人たちを大切に思いやれる一歩になっているはずです。

熊谷先生です
熊谷先生です

生徒もみんな真剣に聴いています!
生徒もみんな真剣に聴いています!