兵庫県神戸キャンパスキャンパスブログ

https://reserva.be/ktcschool/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=48eJwzsTQ2sgAAAyIBCw38

2017年1月17日で、阪神・淡路大震災から22年が経ちました。
神戸キャンパスから徒歩圏内にある東遊園地では、毎年1月17日に「1.17のつどい」が行われています。
神戸キャンパスでも毎年、生徒と一緒に献花に行きます。
 
この日は3限目にそれぞれの授業担当の先生が「震災」をテーマに話をし、その後、みんなで東遊園地に向かいました。
歩いている途中、生徒たちからは
「こういう行事に参加できるのは神戸キャンパスにいるからだね」
という声も聞こえてきました。
現地に到着してからは、記帳をして献花をしたり、竹灯籠にロウソクで火を灯したりしました。
初めて参加した生徒は
「いつもの東遊園地が、いつもとは違う静かな雰囲気だったから緊張したけど、そんな空気を肌で感じることができてよかった」
と言っていました。
 
生徒たちは実際に震災を体験したわけではありません。
しかし、神戸という土地にいるからこそ、周りの大人たちからの話に耳を傾け、これからもずっと次の世代、そのまた次の世代へと語り継いでいってほしい。
そんなふうに私は思います。
 
(安藤 美穂)

神戸キャンパスでも毎年、生徒と一緒に献花に行きます。

竹灯籠にロウソクで火を灯したりしました