兵庫県神戸キャンパスキャンパスブログ

https://reserva.be/ktcschool/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=48eJwzsTQ2sgAAAyIBCw38

皆さんこんにちは。
 
またまたボランティア活動の報告です。
 
来週6/12(月)に神戸大学名誉教授がお越しになり、北野地区のオリーブの成長の様子の調査をされます。
その調査活動に神戸キャンパスのボランティアメンバーも同行する事になっています。
 
先日ブログで紹介した「オリーブアナアキゾウムシ」が棲みついていないかどうかも調査されます。
 
調査の方法は、オリーブの樹の根本を一本一本観察しなければなりません。
オリーブの樹の周辺に他の草木があると観察の妨げになります。
 
そこで、今回はオリーブの樹の周辺の草むしりを徹底して行いました。
日中は陽射しも強く汗ばむ陽気でしたが、参加生徒たちは黙々と作業を続け、途中、犬の散歩に来られていた方から
「ボランティアですか?暑いのにご苦労様です。」と声を掛けていただきました。
 
また、ボランティアに参加すると、インターナショナルオリーブアカデミーの方から、オリーブの品種や成熟過程の色の変化、収穫の時期などの説明を受け、オリーブに関する知識もどんどん高まっています。
 
今回は約1時間の草むしり作業で、ゴミ袋6袋分になりました。
 
次回の調査が楽しみです♪

草むしりの様子
草むしりの様子

参加メンバーみんなで♪
参加メンバーみんなで♪