福岡県小倉キャンパスキャンパスブログ

ホストファミリーとモデルごっこ!
ホストファミリーとモデルごっこ!

イタリア系の本場なピザ!??
イタリア系の本場なピザ!??

日本食レストランで牛丼!
日本食レストランで牛丼!

みなさん、こんにちは!!
今日はカナダ・バンクーバーで「進路を考える2週間」の留学プログラムに参加し、先週帰国したばかりの篠原ありささん(2年次)に突撃インタビューしてきました!

Q1.まずはズバリ、2週間の留学の感想をどうぞ!
A1.楽しかったけど、でもやっぱり大変でした。
 KTCの全国のキャンパスから集まった知らない人達と、一緒に授業を受けたりホームステイをしたりするので、お互いに気を使って疲れてしまうこともありました。
 でもその分、他県のキャンパスの生徒と友だちになって、一緒に日本食のレストランに行ったりしたことはすごく良い思い出になりました。

Q2.カナダに行ったのに、どうして日本食レストランに??
A2.ホストファミリーがイタリア系の家族だったんですが、食事がピザやビーフシチュー、パスタばかりで、野菜が無かったんです!!
それで日本食が恋しくなって行ってみました。メニューや注文の仕方がわからなくて、恥ずかしい思いも・・・でも家族と同じ食事をするのもホームステイの目的ですよね。

Q3.海外の人とコミュニケーションはとれましたか?
A3.ステイ先に12歳と5歳の女の子がいて、12歳の子とは一緒にショッピングに行ったり、
バンクーバーの町を案内してくれたりしました。
5歳の女の子とはほとんど毎日一緒に遊びましたよ。
英語は苦手なんですけど、言っていることはなんとなくわかりました!

Q4.最後にこの留学で一番良かったことを教えてください。
A4.うーん、何が一番というよりも、2週間のプログラム全体を通して毎日がとても充実していました。ホストファミリーをはじめとする人との出会いや、英会話のレッスン、市内観光など、さまざまな経験をすることができ、本当に楽しかったです。

KTCに来たばかりの頃、教室の隅のほうでだれとも話さず静かに座っていたありささん。現在では今回の留学プログラムをはじめキャンパスのさまざまなイベントに積極的に参加してくれるようになり、きっと今回の留学もありささんにとって大きな成長につながると思います!

生徒ひとりひとりのがんばりをKTCでは応援していきます!!