福岡県小倉キャンパスキャンパスブログ

自分が指示した通りにロボットが動いた!
自分が指示した通りにロボットが動いた!

こんにちは。
KTCおおぞら高等学院 小倉キャンパスで、中学生対象の体験入学を行いました。
二つの教室に分かれて「ロボットプログラミング体験」と「声優アフレコ体験」を行いましたが、今回はそのうちの「ロボットプログラミング体験」について報告します。

「ロボットプログラミング体験」は生徒たちがロボットにパソコンでプログラミングした動作の指示を送り、実際にロボットを動かすという授業で、小倉キャンパスでは既に昨年度から正規の授業として行われています。今回の中学生向けの体験授業には小倉キャンパスのロボットプログラミングコースを受講している國師大介君が授業担当者の日髙コーチの心強いアシスタントとして参加してくれました。
今回のテーマは車輪の付いたロボットを決められたコースの通りに走らせて最後にスタート位置に帰還させるというもので、なんだか難しそうです。

中学生のみなさんもKTCの小倉キャンパスで実際に行われている授業内容と同じように、手にしたロボットの電源スイッチを入れます。
しかしこれだけではロボットは動きません。
人間がどういう動きをさせたいのかを指示する、つまりプログラミングする必要があります。
直進させる場合や左折・右折させる場合などの車輪の動きを細かくパソコンに入力してロボットに送信します。
それでも曲がる位置や角度などが微妙にずれていた場合はプログラムの修正が必要です。参加者のみなさんはそれぞれ試行錯誤を繰り返しながら修正をします。
修正プログラミングの仕方は十人十色ですが、どのロボットも徐々にコース上をきちんと曲がって、必要な通過地点をきちんと通過するなど精度を上げていき、目的地に帰還するロボットも出てきました。
宇宙に飛び立って小惑星に降り立ったあと、地球に帰還した「はやぶさ」を思い出す感動的なシーンでした。
「プログラミングって何をするのか知らなかったけど、自分にもできました」
「指示した通りにロボットが動く様子が楽しかった」

参加した中学生のみなさんたちも、プログラミングの意味について理解してくれたようでした。

みなさんも、KTCで自分が夢中になれる何かを見つけて、なりたい大人に一歩ずつ近づきましょう!

お問合せ:0120-75-1105
見学会・個別相談会受付フォーム
KTCおおぞら高等学院 小倉キャンパス
メール:kyushu-info@ktc-school.com
個別相談会 毎週水・土・日 開催中(要予約)