東京都町田キャンパスキャンパスブログ

11月に降雪するという記録を乗り越え、とうとう12月がやってきます。
ますます冬を感じる季節になっていきますね。

さて、今回はトライアルレッスン『小物作り』でスノードーム作りをした様子をお伝えします!

冬の代名詞といえば雪!スノードームを作るのには最適な季節!
とはいえ、季節が移り変わり春になってもスノードームを飾っているのは少ししのびないですよね。
なので、今回はスノードームの応用で、水中花のような置物を作ってみました。

スノードームだと中に入っているオブジェは、サンタクロースとかトナカイ、クリスマスツリーが定番だと思いますが、今回使用したのは造花!
ビジューやパール、ビーズの類をレジン液で固定しました。
生徒達はこの中に入れる造花選びとパーツ選びにてんやわんや(笑)
色々あると時間がかかるけど、あれだこれだ、いやそっちだ!と楽しそうに選んでいました。

ここで、スノードームであればスノー(雪)の材料になるものを入れるのですが、今回はスノードームではないので、スノーの変わりの材料としてラメやグリッターにします。これだけで、キラッキラが水に舞うのです!
でも何故か生徒達では、ラメを入れて水を注いで「ラメが消えた…」「ラメが舞わない…」が続出…。
多く入れすぎないようにと注意したら、逆に少なすぎるという結果。
でも大丈夫、追加追加!ましましで!

結果、ふわりとキラキラを作ることができました!
これで一年通して楽しめると思うので、是非お部屋や玄関、いろんなところに飾ってもらいたいと思います♪