東京都町田キャンパスキャンパスブログ

利き腕と逆の手でリハビリ体験!
利き腕と逆の手でリハビリ体験!

みなさん、こんにちは。町田キャンパスの山村です。
今日は、みらい学科 子ども・福祉コースの授業を紹介します。

子ども・福祉コースでは講義内容によって講師の方が務めている専門学校で行ってもらうことがあります。今回は東京福祉専門学校に行っての授業でした。

講義内容は「リハビリの仕事」
前半は ①リハビリの仕事にはどんな資格があるのか ②これからの社会でどのくらい必要とされる職業なのか ③勤務時間などの内容を学びました。
大学で学ばないと取れない資格があったり、将来性に不安がないということが学べました。

後半は作業療法体験!
腕に関する障害を持ってしまった人の機能回復を、目的とするリハビリを体験しました。

ウォーミングアップとして肩の可動域を広げる体験をしました。可動域が広がるとは思えないような運動をするように言われてやってみると、何と、見事可動域が広がりました。
作業療法の奥の深さを感じるだけでなく皆びっくりさせられました。

リハビリテーションは機能回復だけが目的ではなく、その人がしたい生活がおくれるようにするためのコーディネート。それをできるだけ楽しく行えるように工夫することもリハビリの仕事での大事なポイントだそうです。

興味ある人は是非参加してみてはどうでしょうか?