長野県松本キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=2626

みなさん、こんにちは。寒くなって暖かいものが恋しい季節になりました。
今日はそんな寒い日に使っているカイロの原理でもある、酸化還元反応の授業の様子を紹介します。

テーマは 「電池は何からできているのか?」
化学基礎の授業で電池のしくみを考えました。
前の時間までに学んだ、酸化還元反応を使っての応用です。

まずは、レモンにアルミホイルとフォークを刺してレモン電池を作ります。
そのレモン電池の仕組みから、電池に必要なものを考えます。
果汁、酸、水分、金属…。
何でできているのか、どうして電気が起きるのか関心を持ち、色々な電池を調べることを楽しんでいました。
その後は実用されている電池の仕組みをイオンのレベルで考えました。

さて次は、レモン電池があるのですからリンゴ、ブドウ、ナシ、メロン、トマト、大根、ナスの電池はできないか?
実験してみます!
もちろんカイロも作ります。
案外、化学の入り口は身近なところにたくさんあります。
冬休み、実験を通して色々な物の仕組みに触れてみるのはいかがでしょうか。



随時、個別相談会を実施中(要予約)。
●中3生:学校見学・個別相談受付中。
●高校生:今からの転校でも同級生と同じ時期の卒業が目指せます。
●中退者:編入学相談受付中。
ご質問やご希望についてお気軽にお問合せください。

≪KTC中央高等学院 松本キャンパス≫
TEL:0263-33-3403
E-mail:matsumoto-office@ktc-school.com
HP上の見学相談会情報も見てくださいね♪