愛知県名古屋キャンパスキャンパスブログ

大学受験勉強に取り組む岬くん(左側)
大学受験勉強に取り組む岬くん(左側)

こんにちは、名古屋キャンパスの土居です。
この春に卒業して名古屋大学農学部生物環境科学科に現役合格した前田岬君から、今後大学進学を目指す後輩たちのために、合格体験を聞き取りました。

Q. 主な勉強方法は?
通信制高校の特長を利用して、午前中に授業がない日は、塾の自習室を使用して赤本などに取り組ました。
午後は17時までサポート校の進学コース自習室で自習し、帰宅後は19時~0時ぐらいまで、お風呂や夕食をはさみつつ勉強しました。学習計画は蛍雪時代などを参考にして1ヶ月、1週間、1日単位で、それぞれ自分で立てた上で、先生に確認してもらいました。

Q. 難しかった科目とその克服方法は?
国語が苦手だったので塾でも授業を受けて強化しました。また地理は苦手だったので学習計画でも勉強時間を多めに確保しました。

Q. 役立った教材はありますか?
苦手だった地理は「点数が面白いほど取れる本」シリーズが良かったです。また過去問で数をこなしたことも、効果的でした。

Q. モチベーション対策は?
夏休みの中盤ぐらいは、やっても成果が見えなかったので辛かったですが、周囲も皆同じ状況だと感じたことで、そこまで焦らかなったです。

Q. センター試験や個別試験の感想は?
センター試験では、苦手だった地理で塾の模試より点数が取れたので嬉しかったです。また、もともと得意だった英語もケアレスミスがなくて良かったと思います。
ただ、個別試験の方は数学の証明問題が多く難しかったので苦しみました。毎年出る漸化式は完璧にしていたはずなのに、そこでも詰まってしまい1問しか完答できなかったと思います。ただし2時間半ある試験時間いっぱいを使って最後まで諦めずに取り組めたので部分点は取れたかもしれません。物理が思った以上に簡単だったため、得意科目で他の生徒に差をつけようと考えていた僕の場合は焦りました♪

Q. 私立大学受験は?
豊田工業大学からは合格をいただきました。ただできれば学費の安い国立大学に行きたかったですし、受験校を増やしすぎると第一志望の対策が手薄になってしまうので、コーチのアドバイスも参考にして他は受けませんでした。豊田工業大学については基本的にセンター試験での合否判定だったので不安はありませんでした。

Q. 受験直前に注意した点は?
風邪をひかないようにマスク着用を徹底しました。また変に焦らないように心がけました。

Q. 受験前の自分自身にアドバイスするとすれば?
成果は数ヶ月後にしか出てこないので、今の自分を信じて、やれるときに、やれることをやっておこう!

Q. サポート校の環境で役立ったことは?
自習室が自由に使えることと、スタディサプリが視聴できることです。

Q. 勉強以外の楽しみについては?
キャンパスの友人とおしゃべりしたり、バレーボール(体育系選択授業)に参加している時間は、楽しくて受験を忘れて夢中に取り組めました。また模試明けに友達とカラオケ行ったりしたことも気晴らしになりました。

Q. 後輩に向けてメッセージをお願いします。
成果がでるのは数ヶ月後なので、自分を信じて、コーチから言われたことをひたすら実践しよう!

・・・岬君は高校3年間携帯電話を持っていなかったため、マイコーチの私が「(他の生徒のように)自分のスマホを持ちたいとは思わなかったの?」と尋ねたところ「親に買って貰えなかったこともありますが、僕にとっては無い方が良かったと思います。どうしてもゲームとか入り込んでしまうと勉強に障りがあるから… 親には結構反発しましたが♪」との回答でした。

岬くんは、自由時間の多い通信制高校にいるメリットを活かし、しっかりと学習計画を立てて実践する力を身に付けたことで、見事に勉強と運動を両立した好例だと言えます。名古屋大学合格おめでとうございます!