愛知県名古屋キャンパスキャンパスブログ

とても印象深く、心に残る物語です。
とても印象深く、心に残る物語です。

こんにちは、名古屋キャンパスの鈴木です。8月に入り、夏休みを満喫しているという人も多いのではないでしょうか。海や山に遊びに行くのも楽しいですが、たまには涼しい室内で読書をしてみるのもお勧めです。ということで今回はKTCおおぞら高等学院の現代文の授業でも取り上げられている、夏目漱石の『こころ』をご紹介します。

大学生の「私」は、鎌倉の海水浴に出かけた際に不思議な人物「先生」と出会います。「先生」は人を信用しようとせず、折に触れて「私」に意味深な言葉を投げかけます。そしてある時「私」のもとに「先生」からの分厚い手紙が届き…。
この物語の中には、非常に複雑な人間の「こころ」と、それが移ろいゆくさまががみごとに描き出されています。

平成最後の夏を充実したものにするために、名作に触れて自分の感性を磨く、いつもとは少し違う夏休みを過ごしてみるのもいいかもしれませんね。

お問い合わせ:0120-75-1105
メール:chubu-info@ktc-school.com
資料請求はこちらから → 【無料】資料請求フォーム