愛知県名古屋キャンパスキャンパスブログ

過去問を中心とした実戦形式が特徴です
過去問を中心とした実戦形式が特徴です

こんにちは、名古屋キャンパスの山下です。今回は未来の架け橋レッスン(選択授業)の英語検定を紹介します。
2020年より小学校でも英語が必須科目になることが決まり、TOEICなどの英語関連の検定が今まで以上に注目されています。その中でも英語検定は4技能(読む・書く・話す・聞く)が試されるバランスの良い検定です。就職や進学以外にも留学プログラムなどの事前準備としてもお勧めです。

英語検定では、過去問を制限時間内で解くなど実戦形式の学習を行います。名古屋キャンパスの生徒であれば、当キャンパスで受検をすることが出来るため、慣れ親しんだ場所で受検できることは、皆さんの緊張を和らげて本来の力を発揮するのを助けてくれます。
英語検定合格に向けて、是非参加してください!!