大阪府なんばキャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=3737

みなさんこんにちは。
昨日から、日本列島付近は冬型の気圧配置が強くなって、1月下旬並みの寒さになっていますが、風邪など引いていませんか?
今回は、毎年この時期に流行する「インフルエンザ」についてお話しします。
 

インフルエンザはインフルエンザウイルスを病原とする気道感染症であり、一般のかぜ症候群とは分けて考えるべき「重くなりやすい疾患」である。
流行が周期的に現れてくることから、16世紀のイタリアの占星家たちはこれを星や寒気の影響(influence)によるもとと考え、これがインフルエンザの語源であると言われている。インフルエンザは、いまだに人類に残されている最大級の疫病である
                        国立感染症研究所 より

インフルエンザは最大級の疫病といわれるように、流行の大きさによっては多くの死者を出してしまうほどの感染症で、大阪府下の学校や幼稚園でも11月から学級閉鎖が発生しており、患者数も増加しているとのことです。

インフルエンザ

最大の予防は、流行前にインフルエンザワクチンの接種を受けることです。ワクチンの接種で感染しにくくなりますし、かかったとしても軽い症状ですむことが証明されています。また、日常生活においては
  ●人ごみを避け、外出時にはマスクを着用する
  ●帰宅時には「手洗い」「うがい」を必ずする
  ●栄養と休養を十分とる
  ●室内湿度を50%~60%に保ち、換気をしっかりする
などが挙げられます。
みなさんもよく耳にされる予防方法ですが、今一度確認してみてくださいね。
 
特に、受験を控えている高校3年生、中学3年生のみなさんは、万全の体調で受験に臨み、実力を100%発揮できるよう、くれぐれも体調管理には気をつけてくださいね。
 
12月から平成30年度の出願も始まり、大阪キャンパスにはたくさんの中学生がオープンキャンパスや見学に来てくれています。実際の雰囲気をぜひ見に来てくださいね。