佐賀県佐賀キャンパスキャンパスブログ

https://reserva.be/ktcschool/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=28eJwzsTQxMQIAAyMBCA48

こんにちは、佐賀キャンパスです。

「裁判」ってどんなイメージですか?
テレビドラマの世界でしょうか?
裁判はいつでも傍聴ができますが、あまり行くきっかけがありませんよね?
ということで、今回は佐賀地方裁判所にジョブシャドウイングに行ってきました!

裁判の流れを一通り説明していただき、裁判所のいろいろな部署を見学しました。
そして実際に法廷で行われる刑事裁判を傍聴し、裁判官の方に質疑応答をさせていただきました。

Q. 「重い判決を下す時はどんな気持ちですか?」
A. 「裁判官の仕事は、第三者としていろいろな論証をもとに判決を下します。たとえ口で『反省しています』と言っても、本当に反省しているのかはわかりません。だから有罪なのか無罪なのかで判断します。量刑についてはこれまでの経験や判例、法律などの観点から決めていきます。それに重い判決を下さなければならないときには、1人ではなく3人で合議しますからそこまでプレッシャーはありません。裁判員もつく場合もありますから。裁判員に選出された時にはぜひ積極的に参加して、実際の裁判を体験してほしいです。」

☆裁判官の法服を着用して記念撮影☆
☆裁判官の法服を着用して記念撮影☆

参加した生徒は
「裁判って淡々と進められていくんだと初めて知りました!」
「被告人が法廷に入ってきたときが一番驚きました。」
「人を裁くことは難しいなって思いました。」
など感想を話していました。

傍聴することで、教科書には載っていないことがたくさんあることに気づけました。
「百聞は一見に如かず」とはまさにこのことですね!

佐賀キャンパスにもぜひ足を運んでみてください♪
KTC中央高等学院 佐賀キャンパス
お問合せ:0120-75-1105
メール:kyushu-info@ktc-school.com
個別相談会 毎週月・水・金・土 開催中(要予約)