東京都東京キャンパスキャンパスブログ

生徒たちが考えます。どの人も不正解はありません。
生徒たちが考えます。どの人も不正解はありません。

今日は、Social Change7回目の授業の様子をお伝えします。
 
※「Social Change」・・・株式会社教育と探求社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:宮地 勘司さん)によるアクティブ・ラーニング型の探究プログラム
 

前回の授業で、各グループがプレゼンテーションをしました。
 
【今回の授業内容】

  • ・チェンジメーカーを知る
  • ・プレゼンテーションのフィードバックを確認して、新たな問題点を抽出する
 
まずは、6名のチェンジメーカー(社会を変える起業家)のうち自分が1番気になる人物をチェック。
チェックしたら、その人物について調べて、他の人にその人物のステキなところをプレゼンします。
 
「自分が思いを持つこと」「それを他の人に伝えること」
この2つは、進路だけでなく、社会に出てからもとても重要なスキルです。
自分の思いを他の人に伝えることができれば共感される可能性もあります。
共感されれば、輪が広がります。自分のやりたいこと(夢)がかなう近道ですね。

 

ちなみに、チェンジメーカーの中には「屋久島おおぞら高校」でも実施している
 
NPO法人 TABLE FOR TWO の代表の方の名前もありました!
 
自分たちで社会を変えようと考えている中で、チェンジメーカーの方の取り組みをみると、さらにすごさを感じることができていたようです。
 
次回は、プレゼンで出た疑問点を解消する「なるほど軸」をあげるワークをします。
お楽しみに!(小嶋)

* * * * * * * * * * * *
見学・個別相談 受付フォーム
フリーコール:0120-75-1105(通話料無料)