神奈川県湘南キャンパスキャンパスブログ

こんにちは!

KTCおおぞら高等学院、湘南キャンパスの小林です。
木の葉もほんのり赤く色づき、本格的な秋を感じさせる季節になりました。

さて、私は国語を担当しているのですが、授業の中で気づきがありましたので、今日はそのことについてシェアしたいと思います。

普段勉強をしていて、

「この問題わかりづらいな・・・」
「意味が難しいな・・・」


と感じた経験、あなたもあるのではないでしょうか。
そう思ったときにぜひ一度立ち止まって考えてみてほしいのは、
「わからない」と思っている原因は何?
ということです。

そこで、私自身が文章と向き合うことにしていることは、
「言葉の定義を明確にする」こと。

定義とは、正確な意味や共通認識という意味ですね。
実際にどのような作業を行うのかといえば、辞書で調べたり、スマホで調べたりします。

例えば、清少納言の枕草子の中にある、「うつくしきもの」という言葉。

これは、一見現代語訳だと「美しいもの」「綺麗なもの」と思いがちですが、実際調べてみると「かわいらしいもの」という意味になります。

そしてこの「うつくしきもの」という文章の中では、清少納言が思う「かわいらしいもの」についての定義を明確にしてくれています。

瓜に描いた子どもの顔が可愛らしい。
子どもの人形遊びの道具が可愛らしい。
何もかも、小さいものは皆可愛らしい。

ここで感じていただきたいのが、清少納言が思う「かわいらしい」というものについて。
あなたが思う「かわいらしい」の定義と、それぞれ違うということがおわかりになると思います。
そんな時に、ぜひ、

「清少納言はこんなふうに思うんだな」
「なるほどな」


などと、

相手の感想をくみとり客観視して尊重することを大切にしてみてください。

国語の勉強だけでなく、他の全て教科の問題を解く時に文章を理解しやすくなります。
また、日常生活でも意識すると、人間関係が上手くいったり新しい知識もたくさん入ってきたりしやすくなりますよ。

現代はスマホやパソコンなどで、言葉の意味や疑問に思ったことをすぐに調べられる時代です。
気になったことはすぐに調べて、「言葉の定義を明確にする」ということを、ぜひ実践してみてくださいね♪

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!
これから寒い季節が続きますが、どうか温かくお過ごしください♪


。゚+.KTCおおぞら高等学院 湘南キャンパス゚+.゚
お問合せ:0120-75-1105
個別相談会 随時開催中です(要予約)