東京都立川キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=2020

先週都立高校の出願があり、それぞれの高校の倍率が発表されました。
都立高校の入試時期になると思い出すことがあります。数年前、プレスクールにずっと参加していた中学3年生のAさんが、都立高校に合格したので、併願受験していたKTCを入学辞退したときのことです。
その子は、とても真面目な子で、中学校は通っていましたが、中学2年生のときに体調を崩し、入院した時期があったため、勉強に自信がなく、またその時の病気が再発するのではという心配から、KTCを進路先の一つとして考えてくれていました。
毎回プレスクールには真面目に参加し、楽しそうに過ごしていました。
 
都立高校の合格発表の日13時ごろだったかと思います。Aさんとお母様がKTCにいらっしゃいました。どうしたんだろうと驚いて入り口まで出て行くと、Aさん親子は「先生、都立高校に合格できました。本当にお世話になりました。もしものときはKTCがあると思ったことが、本当に私たちの心の支えになりました」と涙を浮かべながら何度も頭を下げるのです。
私たちも、そんな風に言っていただけることがとても嬉しくて、Aさんを新入生としてお迎えできないことは残念でしたが、「Aさんが頑張ったからだよ!本当によかったね!おめでとう!」と心からお祝いを伝えることができました。
 
ところが、その年の9月、Aさんのお母様からKTCに電話がありました。KTCに転校したいというお話でした。「自分で決めた学校ですから、もう少し頑張ってみてはどうですか?」という話もしましたが、「勉強についていけない。自信がなくて友だちにも気後れしてしまってクラスにいることさえ辛い」と最終的にKTCに転入する事になりました。そのAさんも昨年卒業し、無事大学へ進学しました。
 
高校入学はゴールではなくスタートです。入れる学校ではなく、自分らしく高校生活を送れる学校を選んでくださいね。
KTCでは中学3年生の最後のご相談時期となっています。
実際に見て、話を聞いてみませんか?→見学・ご相談はこちらから