香川県高松キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=4444

環境について真剣に考える機会となりました
環境について真剣に考える機会となりました

2月23日、NASAがTRAPPIST-1という太陽に似た星の周りをまわる地球サイズの惑星7つの存在を発表しましたね!
しかも、そのうち3つは地表に液状の水がある可能性あり!
新たな地球外生命体の可能性も考えられますよね
 
NASAからの驚きの発表がある前日、
そんな神秘的な宇宙に奇跡的に生まれた地球は、現在危機的状況にあることを学びました。
在校生たちが一番驚いていたのが、60万年前の地球の大気組成の調べ方です。
南極の氷のとても深い部分に閉じ込められた大気を掘削するのだそうです!
 
すると二酸化炭素が
60万年前→現在:100ppm増
1950年→現在:50ppm増

ということがわかりました。
 
ここ70年間の二酸化炭素の異常増加。
それが原因で温暖化が進むと、絶滅の可能性がぐっと高まる生物が少なくありません。
日本の家畜が食べる穀物はアメリカから輸入されています。
温暖化が進むとアメリカで雨が少なくなり穀物が育ちません。


さぁ!
まずは高松キャンパスの在校生・職員が心がけることは…
移動は自転車!
水や電気のムダ使いも、いつも以上にやめました。

行動や考え方の輪が広がり、知恵を出しあえば、必ず温暖化をSTOPできると考えています。
フリーコール:0120-75-1105
メールでのお問合せ:chushikoku-info@ktc-school.com

2・3月個別相談会:毎週水・金・土