三重県三重四日市キャンパスキャンパスブログ

みなさん、こんにちは。
三重四日市キャンパスの堀です。
先日、キャンパスで南海トラフ巨大地震発生を想定した避難訓練を実施しました。
 
緊急地震速報を全員で確認した後に、机の下への避難。安全確認後、避難場所への移動を行いました。
移動途中の危険個所も確認し、避難時の注意点について全員で共通認識を持ちました。
 
キャンパスに帰ってからAED(自動体外式除細動器)と消火器の使用方法について研修を行いました。
もし、傷病者の近くに私たちがいたら、どの様に動くべきかについて全員で学びました。
 
今日の訓練を通して「自分の命は自分で守る。」「困っている人の近くにいたら、何をすべきか。」を強く意識できた一日になりました。

避難場所に移動中
避難場所に移動中

研修資料
研修資料

連日、地震についてのニュースが報道されています。三重県についても南海トラフ巨大地震は、いつ起きてもおかしくないと言われています。

三重四日市キャンパスでは今後も定期的に避難訓練を行い、備えを万全にして行きます。