KTCからのお知らせ

KTC中央高等学院岡山キャンパスでは、8/22(月)、「赤ちゃん先生 ふれあい授業」を実施、そのようすが、朝日新聞に掲載されました。
「赤ちゃん先生 ふれあい授業」は、赤ちゃんと触れ合うことで命の大切さを実感し、自らの尊い存在意義を見つめ直す授業で、「NPO法人 ママの働き方応援隊」のみなさんのご協力で行います。今回は全5回のプログラムの初回。生後6ヵ月から2歳10ヵ月の赤ちゃんとそのお母さんから、「生まれたことへの感謝」や「人と人のつながり」、「自分自身の存在意義」を学びました。


■赤ちゃん先生から命の大切さ学ぶ(2016.8.23 朝日新聞)

赤ちゃん先生から大切なことを学びました
赤ちゃん先生から大切なことを学びました