KTCからのお知らせ

KTC中央高等学院浜松キャンパスでは、7/10(月)、浜松市ギャラリーモール・ソラモにて、九州豪雨災害支援活動として、街頭募金を実施、そのようすが静岡新聞に紹介されました。

九州北部の豪雨被害が報じられる中、トライアルレッスン「ボランティア」に参加する生徒たちが、「私たちにできること」を考え、募金活動を行うことを決めました。屋久島おおぞら高等学校には九州にキャンパスもあり、九州在住の仲間たちもたくさんいることも、生徒たちの行動を後押ししました。


■九州豪雨被災者支援で街頭募金 中区で通信制高生(2017.7.11 静岡新聞)