KTCからのお知らせ

KTC中央高等学院岐阜キャンパスでは、12/5(火)、がん予防についての特別授業を実施、そのようすが中日新聞に掲載されました。
今回の授業は、市橋ふれあい保健センターから保健師・里見芳子さんをお招きして実施したもので、2人に1人ががんにかかる現代の日本において、がんを予防する食品や生活習慣についてお話いただきました。
生徒たちにも必ずしも先のことではなく、身近なこと、予防については早くから知り、取り組むことが大切であることを考える機会になりました。


■がん予防は生活改善から 高校生へ保健師が授業 岐阜(2017.12.8 中日新聞)

講師は市橋ふれあい保健センター 里見芳子さん
講師は市橋ふれあい保健センター 里見芳子さん

よくわかるがんの授業のはじまりです
よくわかるがんの授業のはじまりです