資料請求はこちら 学校見学・相談受付

TOP > バンクーバーキャンパス > キャンパスブログ > アクティビティ紹介! 矢野先生に学ぶ「英語と日本語のちがい」

キャンパスブログ バンクーバーキャンパス アクティビティ紹介! 矢野先生に学ぶ「英語と日本語のちがい」

生徒たちは先生の話をとても一生懸命に聞いていました。
生徒たちは先生の話をとても一生懸命に聞いていました。

みなさん、こんにちは。
こちらバンクーバーはもうすっかり秋です。
街を歩くとセーターやマフラーを身につけている人も増えてきました。

今回は、バンクーバーキャンパスのアクティビティを紹介します。
毎日お昼を食べ終えてから約2時間、様々なことを体験しています。
今日紹介するのは、先日行われたライセンス科目で来ていただいた矢野先生です。
矢野先生はここバンクーバーに約20年住まわれ、日本語教師をされています。
また、日本語教師を目指す方に日本語の指導法を教えてらっしゃる先生なんです。
バンクーバーで矢野先生が出会った日本語と英語の違い、言葉の面白さを教えてもらいました。

みなさんは“thank you”の意味を知っていますか? 
もちろん人に感謝の気持ちを伝えるときの「ありがとう。」ですよね?
でも矢野先生は他にも意味があるのかもしれないと話してくれました。

先生が電車に乗っていた時のこと。カナダ人親子が乗ってきたそうです。
お父さんが小学生ぐらいの息子さんに、揺れて危ないから手すりに掴まっておきなさいと言ったそうです。
息子さんがお父さんに言われた通りに手すりを掴んだところ、お父さんは息子さんに“thank you”と言いました。
「手すりを掴んでくれてありがとう。」?????

今まで私たちが知っていた“thank you”=ありがとう以外の意味があるのではないでしょうか。
あいさつやそれぞれの表現には他の国の言語には翻訳できないものがあると教えてくれました。

生徒たちは、「逆に日本語について興味を持つようになった。」「日本語は奥が深い!」、「日本語を教えることに興味を持った!!」などなど。
また矢野先生の話を聞きたいと言っていました。

これからも様々なゲストの方に来ていただき、生徒14名の興味、関心が少しでも広がればいいなと考えています。

わかりやすく、おもしろく、優しく講義をしていただいた矢野先生。
わかりやすく、おもしろく、優しく講義をしていただいた矢野先生。

最後は記念写真を撮らせてもらいました!!
最後は記念写真を撮らせてもらいました!!

キャンパス情報

キャンパスブログ一覧に戻る

資料請求、見学会・個別相談受付、
お問い合わせはこちらから

  • 資料請求無料資料請求する
  • 見学会・個別相談受付見学会・個別相談を予約する